MOS

マイクロソフトオフィススペシャリストの資格・難易度・おすすめ通信講座

本サイトには広告が含まれています

こんな方におすすめ

  • マイクロソフトオフィススペシャリストの資格が気になっている方
  • 就職や転職するためにパソコンスキルを身につけたい方

マイクロソフトオフィススペシャリストはほとんどの会社で使用されている、マイクロソフトの「オフィス」というソフトのスキルを身につけることができる資格です。

ほとんどの会社でオフィスが使われているので、身につけておいて損はありません。

この記事では、マイクロソフトオフィススペシャリストの資格について、難易度や合格率、おすすめの通信講座についてまとめました。

 

MOSが学べる
通信講座
受講費用 16,000円~ WEB申込価格39,800円~ 19,300円~
スマホ学習対応
質問サポート 1日3回まで 無制限 無制限
特徴 ・受講者の満足度85.8%
・「ユーキャン仕事オンライン」で求人検索ができる
・不合格で全額返金サポート
・インターネットからの申し込みで1万円割引
・講師に直接電話をかけて質問ができる
・短期間でスキルが身につく

 

マイクロソフトオフィススペシャリストってどういう資格?難易度は?

マイクロソフトオフィススペシャリストは世界的に人気の国際資格!

マイクロソフトオフィススペシャリストは、世界的な国際資格です。

タマコ
タマコ
頭文字をとって、「MOS」という略称で呼ばれています。

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)は、日本だけでなく世界中でOffice製品の操作スキルを証明することができます

試験に合格すると発行される「合格認定証」や「デジタル認定証」は世界共通の認定証で、これまでに470万人以上の人が受験している人気資格になります。

今やオフィスで働く人にとって、エクセルやワードは必須スキルです。

マイクロソフトオフィススペシャリストの資格を勉強することで、エクセルやワードのスキルアップをすることができます。

逆にパソコンを使う機会がなくてエクセルやワードを使う機会がなかった人は、マイクロソフトオフィススペシャリストを取得することでオフィスのスキルを証明することができるようになります。

 

MOSはスペシャリストとエキスパートの2種類

MOSは2種類に分かれていて、出題される内容も違ってきます。

自分のレベルに合わせて取得するのがおすすめです。

スペシャリスト ・マイクロソフトオフィスを始めて使う初心者の方にはスペシャリストから始めるのがおすすめ
・エクセルやワードの基礎的なテクニックを身につけることができ、一般的な業務なら問題なく使いこなすことができるレベル
エキスパート ・エキスパートは上級レベルになるので、すでに基礎が身についている人におすすめ
・より高度な技術を身につけ、業務の効率化を目指すことができる
・関数を使った論理演算や「ピボットテーブルの作成」や「グラフに近似曲線」などのより高度な機能が出題される

 

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)試験の詳細

MOSは世界的に行われているグローバルな資格試験です。

世界共通の「合格認定証」や「デジタル認定証」により、日本以外の国でもOffice製品の操作スキルを証明できます。

試験日 随時試験は、弊社が会場として認定したパソコンスクールや専門学校で実施しています。試験日程は、試験会場ごとに異なります
試験科目 Word、Excel、PowerPoint、Access、Outlookの各アプリケーション
試験レベル 【Word(文書作成ソフト)】
・一般レベル
文字サイズやフォントの変更、表の作成・編集、作成した文書の印刷など、Wordでの基本的な編集機能を理解している方
・上級レベル(エキスパート)
スタイル機能や目次・索引作成などの長文機能、他のアプリケーションソフトからのデータ取り込みなど、Wordでの高度な機能を理解している方
【Excel(表計算ソフト)】
・一般レベル
数式や基本的な関数の作成、セルの書式設定、グラフ作成など、Excelでの基本的な操作を理解している方
・上級レベル(エキスパート)
ピボットテーブルなどのデータ分析、条件付き書式や入力規則の設定、マクロの作成・編集など、Excelでの高度な機能を理解している方
合格点 1000点満点で550点~850点の範囲が目安
合格率 正式な合格率は公開していませんが、スペシャリストは約80%、エキスパートは約60%と言われています

 

MOSの難易度・合格率は?独学では難しい?

MOSの合格率は高め!難易度はそれほど高くない!

MOS試験の合格率は非公開になっているため正確な数字はわかりませんが、スペシャリストの合格率は約80%、エキスパートの合格率は約60%と言われています。

どちらも半数以上は合格することができ、難易度はそれほど高くありません

しっかりと対策を取って勉強すれば合格を目指すことができます。

 

MOS試験は独学でも取れないことはない

タマコ
タマコ
MOS試験は独学でも合格は可能です。

自分で教材などを購入して独学で合格している人もたくさんいますし、参考書も多く出版されています。

【独学のメリット】
・勉強にかかる費用を安く抑えられる

【独学のデメリット】
・分からない時に自分で調べたりして解決する必要がある
・一人学習でモチベーションが下がり、途中で断念してしまいやすい

確実に資格を取得したい人にはスクールに通ったり、通信講座で学習することをおすすめします。

スクールや通信講座は独学に比べて費用は高くなってしまいますが、試験合格を目指したカリキュラムになるので、高い確率で資格を取得することが期待できます。

また質問ができたりサポートが充実しているので、途中で挫折してしまうこともありません。

 

MOS試験を確実に合格するためにおすすめの通信講座

ユーキャン

ユーキャンのマイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)講座

ユーキャンのMOS講座は、受講者の85.8%の方が「とても満足」「満足」「まあ満足」というアンケート結果を得ていて、短期合格を目指すことができます。

本試験を徹底的に分析した本番と同じような問題やテスト形式の模擬試験を受けることができるので、本番で慌てることなく受験できるのもポイントです。

メリット

・「学びオンラインプラス」というインターネットサービスを使って、いつでもスマホやパソコンで学習ができる
・メールなどでいつでも質問することができる
・本番と同じような環境で学習できる模擬試験付きでテスト形式に慣れておくことができる
・「ユーキャン仕事オンライン」で受講した講座名で求人検索ができる

最短1ヶ月で合格を目指せる!

ユーキャンのMOS講座

チャットで問い合わせ

ユーキャンの詳細を確認

 

資格のキャリカレ

キャリカレのMOS Word&Excel W合格指導講座

キャリカレのMOS講座は、エクセルとワードに絞って確実に合格を目指せる講座になっています。

キャリカレの一番のメリットは、万が一試験に不合格だった場合は受講料が全額返金されるサポートがあることです。

「不合格だったらどうしよう」と不安になることも多いと思いますが、返金制度があれば万が一の時も安心です。

メリット

・万が一不合格の場合、受講料全額返金サポート有り
・Word、Excel共にそれぞれ最短2ヶ月で合格が目指せる
・分かりやすい教材で、知識ゼロからでも安心して学べる

最短2ヶ月で合格を目指せる!

キャリカレのMOS合格指導講座

不合格の場合全額返金サポート

キャリカレの詳細を確認

 

資格の大原

資格の大原 パソコン(MOS)

大原のパソコン(MOS)講座は、短期間でスキルが身につく効率的なカリキュラムになっています。

分からない箇所があれば電話で質問もできるので、すぐに問題解決できるのでスムーズに学習を進めていけます。

メリット

・「MOS試験対策コース」では、本試験と同形式の模擬テストが受けられる
・講師に直接、電話やメールで質問することができる
・人気の「日経BP社」書籍を教材として使用

短期間でスキルが身につく!

資格の大原

資料請求(無料)

資格の大原の詳細を確認

 

マイクロソフトオフィススペシャリストの資格・試験まとめ

パソコンのスキルは仕事をしていくうえで欠かせない知識です。

社会からしばらく離れていて、そろそろ働きたいと思う人ならMOSの資格は持っていて損はありません。

パソコンやオフィスは初めてで経験がない人ならスペシャリスト試験、普通に使うことができる人なら更にレベルアップできるエキスパート試験がおすすめです。

忙しい主婦の方は効率よく学習ができて、最短で資格取得を目指すことができる通信講座での勉強が向いています。

どの通信講座も無料で資料請求や説明会に参加できるので、興味のある人はぜひ試してみてください!

 

MOSが学べる
通信講座
受講費用 16,000円~ WEB申込価格39,800円~ 19,300円~
スマホ学習対応
質問サポート 1日3回まで 無制限 無制限
特徴 ・受講者の満足度85.8%
・「ユーキャン仕事オンライン」で求人検索ができる
・不合格で全額返金サポート
・インターネットからの申し込みで1万円割引
・講師に直接電話をかけて質問ができる
・短期間でスキルが身につく

 

-MOS
-, , ,