歯科助手

歯科助手は取っても意味ない資格?役に立たない?主婦が取得するメリットを解説!

本サイトには広告が含まれています

こんな方におすすめ

  • 歯科助手に興味があるけど、資格は取っても意味ないって本当?
  • 歯科助手の資格は役に立たないの?

歯科助手の仕事に興味がある方、資格を取りたいと考えている方の中には、「歯科助手の資格は取っても意味ない!」という意見を耳にしたことはありませんか?

歯科助手は資格がなくても働くことができるため、資格は意味ないと言われてしまうことがあります。

タマコ
タマコ

とは言っても、歯科助手は歯科医院の中でも受け付けや会計業務などを行う大切な仕事の一つです。

この記事では、歯科助手の資格が意味ないと言われる理由や資格を取るメリットについてまとめました。

\歯科助手を目指せる/

資料請求(無料)

ユーキャン

>>歯科助手の詳細はコチラ

 

歯科助手を取っても意味ないと言われる理由は?

資格を持っていなくても働くことができるから

歯科助手の資格は様々な団体が主催している民間資格で、歯科助手として働く場合、資格や免許はまったく必要ありません

国家資格のように、資格保持者を必ず設置する必要がある、資格保持者しかできない業務がある、といった制限がないからです。

そのため、資格を持っていても働くことができるため「資格も取っても意味ない」と言われてしまうことがあります。

タマコ
タマコ

歯科助手の仕事に資格は必要ありませんが、歯科衛生士が行う仕事は歯科助手が行うことはできません。

 

実務経験が重要視されるから

歯科助手の仕事は資格が必要なく、歯科助手として働いてきた経験が重視されることが多いのが現実です。

そのため、資格を取っても意味ないと言われることがあります。

タマコ
タマコ

どの歯科医院も人手不足で求人を募集しているため、すぐに実践力として働ける経験者を必要とするのは自然なことです。

とはいっても、歯科助手の仕事は「未経験者」でも求人があり、絶対に実務経験が必要という訳ではないので安心してください。

未経験から就職し、歯科助手の仕事を覚えて実務経験を積んでいくことが大切です。

ただ、歯科助手の仕事は、受付業務だけでなく、レセプト業務、歯科医師や歯科衛生士のサポート業務を行うこともあり、専門的な知識は必要になってきます。

覚えることも多く、仕事についていけないと辞めてしまう方が多いのも事実です。

実務経験はなくても資格取得で知識とスキルを身につけておくことで、いざ働き始めた時にはスムーズに仕事に取り掛かることができます。

 

資格取得のハードルが低い

歯科助手は民間資格で、どの資格も難易度が低く比較的簡単に取得することができます。

試験は在宅で受験できたり、添削課題を提出すれば資格が取得できるため、資格取得のハードルが低く、そのため取っても意味ないと言われています。

ですが、歯科助手として働きたい、歯科助手として働いているけど知識を身につけたいという方には、資格取得の学習は必要な知識やスキルを身につけることができるのでおすすめです。

資格取得のハードルが低い分、手軽にチャレンジできるというメリットもありますから、歯科助手の資格がまったく意味ないということはありません。

 

歯科助手資格は意味ないことはない

資格取得をすることで知識やスキルが身につく

歯科助手の求人で資格保持を求めているものはほとんどありません

そのため就職や転職を目指して資格を取ることはあまり意味がなく、資格取得は歯科業務の知識を身につけるというイメージが正しいかもしれません。

タマコ
タマコ

資格保持よりも実務経験者が優遇されることが多いのですが、未経験者の求人もあり就職することも可能です。

未経験で働く場合、歯科の専門知識がまったくない状態では仕事になりませんし、多くの歯科医院では仕事が忙しく、ギリギリの人数で回していることも多いので、丁寧な指導を受けることはできないこともあります。

このような場合、資格取得を目指すことで歯科の知識やスキルを身につけて仕事に活かしていくことができ、歯科助手として働いていくことができます。

 

働く意欲をアピールできる

歯科助手は資格がなくても働くことができますし、未経験での求人募集も多くあります。

また、資格を持っていても、歯科助手として働いた業務経験が優遇されることが多いのが現実です。

ただ、1つの求人に複数人の応募があった場合、現場の経験なしではライバルに差をつけられてしまいます。

そんな時に、歯科助手の資格を取得しておくことで履歴書に記載することができますし、実務経験はないけれど「歯科助手として働きたい!」という意欲はアピールすることができます

 

歯科助手はどんな資格?

歯科助手の仕事内容

歯科助手の仕事は、受付業務を始め、レセプト業務やアシスト業務を行います。

歯科助手は歯科衛生士とは異なり、医療行為ではない仕事が業務全般です。

医療機関ならではの専門知識が必要な仕事も多くありますが、医療行為は行うことができません

具体的にできない仕事は以下の通りです。

歯科助手の仕事
できない仕事
  • 受付や会計、電話対応
  • レセプト業務(診療報酬の計算)
  • 歯科医師や歯科衛生士の診察補助
  • 治療で使う器具類の管理
  • レントゲン撮影
  • 注射をする
  • 歯の治療で、削る・抜く・詰め物をつけるなど
  • 歯石の除去、フッ素塗布
  • 歯ブラシの指導

歯科助手は、歯科衛生士のように患者さんの口に手や器具類を入れることは一切できません。

これらの業務を行うと罪に問われることになるので、覚えておくと安心です。

 

歯科助手資格の種類

歯科助手の資格は民間資格のため、様々な団体が主催していて、様々な資格があります。

どの資格も歯科助手として働くための専門知識を身につけられます。

資格名 歯科助手資格 歯科助手専門員 歯科助手実務者 歯科助手資格認定制度 歯科アシスタント検定
認定団体 一般財団法人 日本能力開発推進協会 (JADP) 全国医療福祉教育協会 全国医療福祉教育協会 公益社団法人日本歯科医師会 全国医療技能検定協議会
資格の目的 歯科助手としての正しい知識と接遇知識を持ち、歯科医師を円滑にサポートするための技術と知識をもつことを証明 歯科助手として治療の補助業務など現場での即戦力になる力を養成するための資格 より現場の実務に即した内容を学ぶことができ、未経験でも即戦力として働くことが目指せる資格 歯科医療機関での知識と技能のレベルを評価、認定することによって、その職業能力の向上と社会的地位の向上等に資すること 歯医者のアシスタント業務を医療事務員として円滑に行っていく為に必要な歯科助手の能力を証明する
資格取得 キャリカレ ヒューマンアカデミー ユーキャン 公式サイト 公式サイト

 

歯科助手になるメリット・デメリット

メリット・デメリット

歯科助手になるメリット

時間に柔軟性をもてる

歯科医院では、勤務がシフト制になっていることが多いので、自分のスケジュールに合わせて調整しやすいのが特徴です。

子供が学校に行っている間、子供の面倒を見てくれる人がいる時間に合わせて仕事を入れるなど、調整することができます。

 

歯科で働くスキルが得られる

歯科助手として働くためのスキルが得られることができます。

資格を取得していない人、初めて歯科助手として働く人も、スキルを身につけられるため、今後のキャリアアップにも活かすことができます。

  

再就職や転職がしやすくなる

歯科助手のスキルと経験があれば、もっと良い条件の歯科医院への転職が期待できやり、引っ越しなどで一度仕事を辞めた場合も再就職や転職に役立てることができます。

 

歯科助手になるデメリット

覚えることが多い

歯科助手になるための特別な資格は必要ありませんが、仕事をするために覚えることがたくさんあります。

受付や事務作業はもちろん、今まで扱ったことがないような治療器具の名前や片付け方法を覚えたり、診療報酬の知識を身につける必要があります。

 

器具の取り扱いが難しい

歯科医院は取り扱う器具の種類が多いだけでなく、取り扱いが難しいものが多くあります。

患者さんの口内を治療するので衛生面にも注意が必要ですが、使い方の理解が不十分だと患者さんがケガをする可能性も考えられます。

また器具の扱い時に落としたり破損させたりするリスクもあります。

 

歯科助手に向いている人は?

お客様に「こちらです」と手をかざしながら笑顔で対応する女性

周りに気配りができる人

歯科助手は受付や会計業務を行う、歯科医院の顔とも言える仕事です。

そのため歯科助手に向いている人の条件には、気配りができるスキルが大切です。

患者さんの不安や痛みに寄り添い、丁寧な対応で安心感を提供することも歯科助手には求められます。

また、治療中は歯科医師をサポートし、患者さんの快適な状態を保つ役割が求められます。

タマコ
タマコ

繊細な気配りや思いやりが必要です。

 

清潔感がある人

病院の中は常に清潔な環境を保つことが大切です。

器具や設備の消毒、治療室の整備など、細部にまで気を配り、安全な治療環境を提供することが求められます。

また服装や身だしなみにも気を配る必要があります。

例えば派手な化粧やネイル、香水などは患者さんに対して不快な印象を与えることもあるので注意が必要です。

タマコ
タマコ

仕事中にもオシャレをしたい、という人には歯科助手の仕事は向いていません。

 

コミュニケーション能力がある人

歯科助手は患者さんと円滑なコミュニケーションを取ることが不可欠です。

患者さんは不安や疑問があれば、まず歯科助手に相談します。

そんなときに患者さんへ分かりやすい説明をしたり、必要なら歯科医師やスタッフへ情報を共有したりすることも必要です。

院内で関わる人たちと円滑な関係を築けるコミュニケーション能力を持っていることが、歯科助手に向いている人と言えます。

 

歯科助手は意味ない?まとめ

歯科助手の資格は、取っても意味ない資格ではありません。

国家資格に比べたら資格としての価値は高くありませんが、歯科助手未経験の場合、資格取得を目指すことで知識やスキルを身につけることができます。

タマコ
タマコ

歯科助手の資格は、資格を持つことよりもスキル向上を目的にすることをおすすめします。

歯科助手の仕事はパートやアルバイト、午前だけ、午後だけと働き方を選べる職場も多いので、子育て中の主婦の方でも働きやすい職場です。

家庭と仕事の両立がしやすく、長く働ける仕事を探している方には、歯科助手という選択肢は大いにアリです!

歯科助手の資格を取りたいと考えている方は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

\初めてでも安心して学べる/

資料請求(無料)

ユーキャン

-歯科助手
-,