MOS

主婦がMOS資格を取得しても意味がない?独学でも取得は目指せるの?

本サイトには広告が含まれています

タマコ
タマコ
MOS資格に興味がある主婦の方、独学で取得するメリットや活かし方を知りたい方におすすめの記事です。

「MOS資格に興味があるけど、主婦の私が取っても意味があるの?」

こんな風に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

また子どもが小さいうちは家事や育児に追われて、働きたいけど諦めてしまっている方も多いと思います。

タマコ
タマコ
パソコンスキルは現代社会で必須のスキルとなりつつあり、主婦でもパソコン操作ができれば家庭内でも使えるし、仕事にも繋げることができますよ!

この記事では、主婦がMOSを取得すると活かせること、独学で取得ができるのか?についてまとめました

MOSの学習ができる通信講座

  • インターネットからの申し込みで”1万円割引”、不合格で全額返金サポート >> キャリカレ
  • 受講者の満足度85.8%求人検索にも対応 >> ユーキャン
  • 講師に電話で直接質問ができる!本気になったら >> 資格の大原

 

MOSとはどんな資格?

MOSの詳細

MOSとは「マイクロソフトオフィススペシャリスト」を略した言い方で、マイクロソフトオフィス製品(Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Accessなど)を利用する際に必要なスキルや知識を評価する資格です。

タマコ
タマコ
M:Microsoft(マイクロソフト)
O:Office(オフィス)
S:Specialist(スペシャリスト)
略して、”MOS”です。

MOSは、マイクロソフト社が提供する認定資格の一つであり、世界中で広く認知されています。

MOS試験は実際にオフィス製品を使用し実践的な問題に答えることで、受験者のスキルや知識を評価します。

MOS試験は、レベルに応じて以下のように分かれています。

MOS(一般レベル)
オフィスアプリケーションを”基本的”に使いこなせることを評価する試験です。
Word、Excel、PowerPointなど、主要なアプリケーションについて基本的な操作や機能を問われます

MOS(上級レベル)
オフィスアプリケーションをより”高度”に使いこなせることを評価する試験です。
例えば、Excelの複雑な関数や、Wordの高度なページ設定など、より高度な機能を問われます

MOS資格を取得することで、ビジネスシーンでのスキルアップや就職・転職の強力な武器になるだけでなく、自己啓発の機会にもなります。

またMOS資格は、情報処理技術者試験の受験資格にも認定されています。

>>MOS資格の詳細はこちら

 

主婦のMOS取得におすすめのレベル

MOSはレベルや試験科目が細かく分かれているので、「一体どれを取ったらいいの?」と悩む方も多いと思います。

一般的な事務職で考えた場合、基本的にはMOSの中でも最も基本的なレベルである「Excel (エクセル)2016/2019 一般レベル」なら、Excelを使ったデータ入力、計算、グラフ作成など、一般的な事務業務に必要なスキルを身につけることができます。

文書作成がメインになる場合には、「Word(ワード)2016/2019 一般レベル」なら書式や段落の操作方法、基礎から表や図の挿入などが身につきます。

実際の業務に応じてもっと高度なスキルが必要になってこれば、エキスパートを取得するなど、業務に合わせたスキルを身につけていけばMOSを上手く活用することができます。

タマコ
タマコ
MAC版Officeの試験は対応していないので、注意してくださいね。

 

主婦がMOSを取ることは本当に意味がない?

主婦がMOSを取っても意味がない!と言われる理由は?

「主婦がMOSを取っても意味ないよー」

と言われる理由はいくつか考えられます。

【仕事に直結しない場合が多い】
MOSはオフィスのスキルを認定する資格でビジネスシーンで役立つことが多いので、主婦の場合は仕事に直結しないことが多い。

【スキルアップに限界がある】
オフィスのスキルアップとしての手段として資格取得は有効ですが、実際にビジネスシーンで役立てるには実務経験や業務知識なども必要です。そのためスキルアップに限界があると言われることもあります。

【資格取得費用が高い】
MOSを取るために、試験費用や教材費用などが必要になるので家計負担になることも多く、費用対効果が得られないと言われることもあります。

仕事に直結していない主婦の場合、MOSをどこで活かすの?という思いから意味がないと言われることがあります。

タマコ
タマコ
「意味がない」という方は、仕事目線でいう方が多いからです。

でも資格って仕事に活かすだけに取るものでしょうか?

確かに仕事に活かせることが第一かもしれませんが、自分自身のスキルアップや自己啓発の為に取得することも大切です。

また主婦の場合、会社のように自分自身を評価されることもなく、何かにチャレンジする機会も少なくなってきます。

何か始めたい!自分のスキルを向上させたい!という前向きな姿勢でMOSにチャレンジすることは素晴らしいことではないでしょうか。

 

MOSを取得することで主婦という世界が広がります

MOSを取得することで、再就職や転職を考えている場合にはMOS資格が有効になることもあります。

どの企業でもオフィスソフトを使うことが多いので、オフィス操作はできて当たり前になりつつありますから、MOSを持っていればスキルを証明することができます。

また外で働くことが難しい主婦の場合、「家で仕事をする」という選択肢も生まれます。

タマコ
タマコ
今は在宅でも仕事ができる時代です!
クラウドソーシングや求人情報を探せば、在宅でできる仕事がたくさん見つかります。

働きたいけれど外に出て仕事をするのは難しい、と働くことを諦めていた主婦の方でも、家の中で出来る仕事だったらスキマ時間を活用しながら仕事をすることだってできるようになりますよ。

 

主婦がMOS資格を独学で取得する方法

MOS資格は独学でも取得することが可能です。

MOSを運用している公式HPを確認すると、試験方法や会場の確認ができるので、独学の場合はしっかりとチェックしておきましょう。

マイクロソフトオフィススペシャリスト公式サイト

 

教材選びのポイント

書店に行けば「エクセルの使い方」といったテキストがたくさんありますが、MOS資格の勉強には操作方法がメインのテキストではなく資格対策のテキストを選びましょう。

公式HPには、おすすめの対策教材が掲載されているので参考にするのが一番早いですね。

Amazonなどでも購入ができるので、気になる方はチェックしてみてください。

 

独学が難しい点

独学で学ぶには、費用面で安く済むというメリットがあります。

ただ、オフィスというソフトに関する知識がない場合やパソコン操作に自信がない場合、独学で学ぶことは難しい場合もあります

すべてをテキストや教材を使って基礎から学んでいくので時間がかかりますし、試験を受けるための実践的な練習環境を作れるかもポイントになってきます。

さらに資格試験に合格するためには、試験範囲や出題形式を理解し、対策を立てる必要があります。

これらを全て自分一人で作業していくので、教材やテキストはもちろん、オンライン上で提供されている模擬試験や参考データなど、一から自分で調べていくことが大切です。

タマコ
タマコ
自分で調べることが得意な人やコツコツと積み重ねていくことが得意な人には、独学がおすすめです。
情報収集が苦手な人や短期間で勉強して資格取得を目指したい人には、スクールや通信講座の利用をおすすめします。

 

通信講座がおすすめな理由とは?

主婦の方がMOSを目指す場合、独学やスクールに通うよりも通信講座での学習がおすすめです。

通信講座のメリット

・家庭や仕事の都合で時間をとることが難しい場合でも、自分のペースで学習することができます
・オンライン教材やテキストブック、演習問題集など、必要な教材が揃っているので届いたらすぐに学習が進められ、効率的かつ効果的な学習ができます
・模試試験や過去問題など試験対策ができるので、本番でも自信を持って臨むことができます
・分からないことは講師に質問や相談できるサポートがあります
オンラインコミュニティを提供している通信講座もあり、同じ目標を持つ仲間と情報交換をしてモチベーションアップできます
・スクールなどに通うよりも受講費用が安く抑えられることもあります

スクールは受講費用が高額になることが多く、家の近くにない場合には交通費がかかるなど、費用面で高額になってきます。

その点、通信講座はスクールよりも低価格でなおかつ教材やテキスト、試験対策まですべて揃っているので勉強を始めるまでのスタートも早く、効率よく学習が進められます。

通信講座には色々な会社がありますので、自分の条件にあった通信講座をチェックしてみてはいかがでしょうか。

MOSが学べる
通信講座
受講費用 16,000円~ 39,800円~ 19,300円~
スマホ学習対応
質問サポート 1日3回まで 無制限 無制限
特徴 ・受講者の満足度85.8%
・「ユーキャン仕事オンライン」で求人検索ができる
・不合格で全額返金サポート
・インターネットからの申し込みで1万円割引
・講師に直接電話をかけて質問ができる
・短期間でスキルが身につく

 

MOS資格を持つことで得られるメリットは?

就職や転職の強力な武器になる

マイクロソフトオフィスは、ビジネスやオフィスワークで欠かせないツールです。

主婦でもオフィスワークの経験があれば、資格を取得することで自分自身の市場価値を高めることができます。

MOS資格は民間資格ではありますが就職や転職活動でこの資格を持っていることが有利に働くこともあります。

 

自分自身のスキル向上

MOSを持つことで、自分自身のスキルや知識を高めることにも繋がります。

主婦の方なら、効率の良い家計簿を作ったり子ども関係の資料作りにも役立ちます。

働いている方なら、より効率的に仕事ができるようになったり、より洗練された文書を作成できるようになります。

またオフィス操作を同僚に教えることで「○○さんは頼りになる!」という信頼を得ることができます。

 

在宅ワークに繋げられる

今は家で仕事を獲得して出来る仕事がたくさんあります。

例えばクラウドソーシングで仕事を探すことも可能ですが、MOSを活かして文書作成やデータ入力、事務作業の代行などの仕事に繋げることができます

顔が見えないクラウドソーシングでは、実務経験が仕事獲得に影響しますが、MOSを持っていることをアピールすることでオフィスの知識やスキルがあることを証明でき、仕事を受託しやすくなります。

 

まとめ

MOS資格を取っても意味があるの?と思っている方もいるかもしれませんが、主婦が取得しても意味はあります

・就職や転職を考えたときに、資格を持っていることでオフィススキルの証明になり、有利になります
・自分自身のスキル向上になるだけでなく、合格した!という実績が自己肯定感アップに繋がります
・家計簿を作ったり子ども会やPTA資料作りなどにも活かせます
・外に働きにでることが難しい主婦の方でも、在宅ワークに繋げることができます

パソコン操作は現代社会において必須スキルになりつつあり、持っていて損はないスキルです。

MOS資格に興味がある方は、この機会にぜひチャレンジしてみてください!

資格を取ることで新しいことにチャレンジしていくきっかけになれば嬉しいです。

MOSの学習ができる通信講座

  • インターネットからの申し込みで”1万円割引”、不合格で全額返金サポート >> キャリカレ
  • 受講者の満足度85.8%求人検索にも対応 >> ユーキャン
  • 講師に電話で直接質問ができる!本気になったら >> 資格の大原

-MOS
-, , ,